宝山味噌 吟醸

愛知県の大粒大豆と自然塩を使用し、創業以来の昔ながらの製法を用い、木桶の中で3年間じっくり熟成させた、豆味噌の吟醸品です。八丁味噌に比べ苦味・酸味がマイルドで旨味たっぷりなのは、麹を生育する時間、仕込み水の量が八丁味噌と異なるためです。

食品添加物、保存料を一切使用しておりませんので、低温保存(15度以下)で保管しましょう。

​豆粒タイプとすりタイプの2つがあります。

原材料名:大豆(国産)、食塩

内容量:600g

​価格:各650円

木桶の中で3年間 じっくり熟成!

すりは漉してあるのでなめらかです。米みそと合わせて赤だしにすれば料亭の味わいに仕上がります!

中定商店

明治12年から続く中定商店は、愛知県知多郡武富町にあります。味噌蔵で使用する木桶の多くは六尺桶ですが、中定商店には巨大な大杉の八尺桶が20本も現存しています。この木桶はその大きさ故に蔵の中でつくられたという実話もあるほどです。

​八尺桶がこれだけの数残っている蔵は珍しく、今も大杉桶の中で「宝山味噌」が3回の夏を経て自然のままでじっくり熟成を重ねています。

​先人たちが使用した道具や建物を貴重な財産として伝えたいと、30年ほど前に「醸造伝承館」を開館。館内には当時の道具や貴重な資料、商品ラベルなどが展示され、宝山味噌の製造方法も見学できます。平成28年、この蔵を含む3棟が、武富の醸造文化を伝える建造物として国の登録有形文化財の登録を受けました。

0968-33-5433

©2019 by ますな屋酒店