おいしいだし

和・洋・中に!
さっと溶けて使いやすい

一切の科学添加物を排した加工技術にこだわり、脂肪分とタンパク質を化学処理せずに分離すること、低分子(ペプチド)化すること、そして製造過程で廃棄物や汚染水などを出さないこと、これをモットーに開発を手掛け、納得のいく製品の完成までに約40年という年月が必要でした。

化学的な添加物を使用しない自然の味覚にこだわり続けてきたのは、台所で母親がコトコトと作る日常的な家庭の味をつくりたい、その「美味」を追求して作られています。

***「おいしいだし」についてのこだわり***

1)天然素材で無添加。自然な美味しさ。手軽に使えて、安全性が高い。

2)和・洋・中華料理などのだし・調味料として幅広く使える。冷めても再加熱しても味が変わらない。

3)お湯を注ぐだけで、お茶がわり・栄養スープとして飲める。透明でくせがない。あきがこない。

4)たんぱく質アレルギーの方にもたんぱく質供給源としてご利用いただける。

5)乳幼児食、医療食や療養食に、吸収性に優れた栄養補給源として。また、スポーツ時のドリンクにも。

6)脂質が少なく、酸化しにくいので保存性が高く取り扱いが簡単。

 

天然の利尻昆布

利尻の漁師さん直送!
​驚くほど味が濃い!!

天然利尻こんぶ島の昆布漁師さんより直接仕入れしております。

オホーツク海の冬の荒波に揉まれることで根を強くはり、細身ながらも肉厚に育った昆布です 

少ない量でもしっかりとした出汁を味わって頂けます

 

品名:礼文島産 天然利尻昆布

原材料:天然利尻昆布(礼文島産)

4月の昆布、透き通る海でゆらゆら

昆布屋いっぷく

日本最北端の離島、礼文島。歴史は縄文時代にさかのぼります。礼文島の暮らしは、昔から海での漁に特化しており、魚や貝のほか、鯨や海獣(トドやアザラシ)を捕獲していました。ですので、昆布漁においても、鯨やアザラシに遭遇することは少なくありません。小さなボートでオホーツクの美しい海に漂う昆布を収穫し、家族総出で天日干し作業を行います。

ギター片手に「歌う昆布屋さん」としても活動中!

 

大羽いりこ

ひとつひとつを手作業で

上質な煮干しが取れることで有名な香川県観音寺市で1本1本ていねいに手作業でつくられる「やまくに」のいりこ。

大羽いりこは瀬戸内海 燧灘(ひうちなだ)伊吹島付近で漁獲した、新鮮で滋養と風味豊かな「かたくちいわし」です。魚体本来の脂肪分が少なく身が締まったいりこです。

品名:煮干魚類

原材料:片口いわし(瀬戸内海燧灘産)、食塩

内容量:200g

価格:880円

賞味期限:2020年6月3日

​保存方法:直射日光を避け常温で保存してください

上質な出汁がとれるやまくにのいりこ。はじめてつかった方は大抵驚かれます。毎日の味噌汁の出しをはじめ、うどんや煮炊きのだしとして大活躍!ミネラル補給に焙煎して田作りにしたり、そのままコチュジャンを付けておつまみとしても。

●栄養をまるごといただく煮干だしの取り方(ますな屋風)

水500mlにいりこ5匹程度を一晩浸しておいたものをゆっくり火にかけ煮だすと風味豊かなだし汁になります。グラグラ煮立たせないように気をつけましょう。頭や腹わたは取り除かずすべて使うのがますな屋流。苦みや臭みも気にならずおいしいお味噌汁を、私たち家族は毎日頂いています。

 

パリパリ焙煎いりこ

食べ出したらとまらない!

数多く取れるいりこから、わずかに獲れるウロコがぴかぴかの「銀付きいりこ」を選りすぐりました。パリパリ食べても苦みもなく、お湯に放てばうま味たっぷりの出しがすぐにとれます。

生臭さやえぐみの強い部位を、手作業で丁寧に取り除き、2枚におろした身をじっくり時間をかけて焙煎。

パリパリとした食感に、手が止まらなくなるいりこです。

​サラダやピザ、お酒のおつまみ、お子さまのおやつ、お弁当、うどん、そば、煮物のだしとりなどに幅広くお使いいただけます。

品名:魚介類加工品

原材料:煮干し(瀬戸内海産片口いわし、食塩)

内容量:40g

賞味期限:2020年6月12日

価格:550円

​保存方法:直射日光、高温多湿を避け常温で保存して下さい

ワイワイがやがや楽しいお酒の席で一番人気は、このパリパリ焙煎いりこです。当店ではリピーターの多い商品のひとつ。お子さまからお父さんまでみんな大好きです!

いりこ濃いだし

瀬戸内産燧灘(ひうちなだ)伊吹島付近で漁獲された銀付きいりこが原料です。

うま味の強い大羽の頭から雑味のあるエラを手作業で取り除き焙煎加工しています。低温乾燥した原木シイタケと真昆布をブレンドしました。

●だし汁の作り方

​水1リットルに、「いりこ濃いだし」1袋を入れ、一昼夜冷蔵庫で保管してください。簡単に水出しで濃いだしが作れます。

品名:魚介類加工品

原材料:煮干し(瀬戸内海産片口いわし、国産食塩、国産真昆布)

内容量:10g×15袋

賞味期限:2020年6月9日

保存方法:直射日光、高温多湿を避け常温で保存して下さい

​価格:1320円

水出しでカンタン 濃いだしがとれる
 
やまくに

明治20年創業以来、選りすぐりの上質な「いりこ」を125年にわたってお届けしています。

いりこの島伊吹島

「やまくに」のある観音寺は、西讃と呼ばれる香川県の西端に位置します。807年(大同2年)に、空海が神宮寺に聖観世音菩薩を安置して後、観音寺と呼ばれるようになったと伝えられています。

毎年10月に行われる、琴弾八幡宮大祭(観音寺ちょうさ祭り)が有名で、3トンを超える巨大なちょうさが9台、競い合うように練りあう様は言葉でお伝えできないくらい壮観です。

 この観音寺に面するのが、上質ないりこの産地として知られる瀬戸内海です。瀬戸内海には、片口いわしの漁場として絶好の条件がいくつも揃っています。遠浅で海流が緩やかなため、骨や身が柔らかい片口いわしが育ちます。そのため、水が浸透しやすく、だしの出がよいいりこになるのです。

 

水揚げから乾燥まで30分

魚である片口いわしは不飽和脂肪酸を多く含むため、製造から流通、保存に至るすべての工程が適切に行われないと、脂肪の酸化が急速に進み、品質が低下します。また、生臭みが出やすいので加工時の鮮度は非常に重要。

その点でも、瀬戸内海では、水揚げから茹で上げ、乾燥するまでを非常に短時間でできるため、抜群の鮮度を維持できます。まさにいりこの生産地としては絶好の環境なのです。

「銀つきいりこ」とは?

漁の際、網によって傷つかないウロコがきれいな、選りすぐりのいりこのことで、きれいな銀色に光っています。ミズクラゲの群れに入り込んだ片口いわしの群れを、一網で掬い取れたものが「銀付」です。クラゲがクッションとなり、網ずれのないキレイないりこになります。

 

「くの字」が目印

良いいりこを選ぶ目安のひとつは、背側が盛り上がって「く」の字に曲がっているものが、鮮度の良い魚を加工した目印。素材を厳選しています。

 

完全無添加

いりこ(煮干し)は通常、酸化防止剤としてBHAやビタミンEが添加される場合が多いのですが、この好条件のためこれらの酸化防止剤を一切使用しない完全無添加の自然食品としてご提供できるのです。

0968-33-5433

©2019 by ますな屋酒店